親方の部屋

思いつきを色々書きます

<< えびす講26年 | main | 今日のお棚『小袋棚』 >>

建仁寺四頭茶会

category:女将から一言

FullSizeRender.jpg
先日先生と社中の先輩が参加しました。

家庭画報記事より
 現代の茶会の原形ともいわれるこの茶会は例年4月20日に行われますが、その茶券は1時間で売り切れるほどの人気です。このたび開山栄西(ようさい)禅師800年の大遠忌を迎え、建仁寺にご協力いただき、特別に四頭茶会を体験できることとなりました。建仁寺の僧侶の案内で方丈、法堂などを拝観後、四頭茶会は離れの茶室「清凉軒」にて行います。昼食は椅子席にて、江戸時代の齋膳(さいぜん)を再現した精進料理と、茶懐石を組み合わせた「瓢亭」の特別献立をお召し上がりいただきます。その後、塔頭(たっちゅう)である両足院(りょうそくいん)に移動し、池に面した茶室「臨池亭」にて茶道藪内(やぶのうち)流若宗匠、藪内紹由(じょうゆう)氏が席主を務める茶会にご参加いただきます。

写真は 当日、瓢亭のお献立です。